よく読まれているページランキング

部位別柔軟トレーニング

体のどの部分の柔軟性を高めたいかによって、トレーニングの部位も異なります。ここでは、体の部位別のトレーニングの方法を知ることができます。

部位別柔軟トレーニング記事一覧

肩関節の柔軟性が低下すると、他の関節同様、血行不良を起こしたり、代謝が悪くなります。そして、肩こりも辛くなり、四十肩、五十肩になる可能性が高くなります。また、猫背になる恐れもあります。これらの症状を緩和したり、予防するためには、肩周辺のストレッチを行うと効果的です。そこで、ストレッチを行う前に、自分...

肩甲骨は、体の中で最も代謝の良い部分です。ですから、この部分の柔軟性を高め、血流を良くすると、ダイエット効果も期待できます。健康な人の肩甲骨は、本来、上下、左右に大きく動きます。しかし、肩こりや姿勢の悪い猫背の人は、その動きが悪化しています。そして、加齢や運動不足も、背中の筋肉量が減少し、基礎代謝が...

股関節は、人体の関節の中でも、最も大きく、大切な部位でもあります。しかし、関節の可動範囲は、非常に制限が多くなっています。そして、この部位の動作は複雑なため、トラブルも多いところです。ですから、股関節の柔軟性を高めることによって、できる限り、未然にトラブルを防ぎたいものです。そこで、初めての方でも、...

膝は動かさないと、硬くなります。そのため、年齢を重ね、運動量が減少すると、より硬くなってしまいます。しかし、年をとっていても、膝を動かすことによって、膝の柔軟性を取り戻すことは可能です。ですから、あきらめないで、膝を積極的に動かすようにしましょう。膝の調子が悪いと、歩くと痛い、階段の上り下りが辛い、...

人の体の筋肉の3分の2は、下半身にあります。そのため、脚部の柔軟性を高めると、体力アップや、若さを保つことにも繋がります。また、とくに女性は、美脚になりたいと願っている方が、たくさんいらっしゃると思います。美脚とは、細い脚というだけでは不十分です。メリハリとしなやかな脚線美が求められます。それには、...

骨盤の柔軟性が失われると、代謝が低下し、以下の様な悪影響が出てきます。むくみや冷えを起こしやすくなる女性の場合、下腹部がぽっこり出たり、お尻が垂れてしまうひどい人になると、肩コリや腰痛、首の痛みまで現れるこういったトラブルを引き起こさないためには、大腰筋の柔軟性が重要になります。大腰筋とは、お腹の奥...

背中は、体の中でしめる割合も多く、筋肉の大きい部位なので、もし、背中の柔軟性が失われていると、その影響が大きくなります。そして、背中の筋肉は、若さを保つ上でも、非常に重要な役割をしています。ですから、ここの筋肉が衰えると、背中が曲がってしまったり、肩こりの原因となります。また、体が歪んでしまう恐れも...

腰の柔軟性が失われていると、腰痛に苦しむことになります。腰痛になる原因としては、以下のさまざまな要因があります。姿勢の悪さ激しい運動や労働老化腰痛になってしまう理由は、人によって異なりますが、腰回りの柔軟性だけでなく、背骨や股関節、足関節の柔軟性も影響しています。ですから、腰痛の緩和や予防をしたいと...

指回しは、体の柔軟性を高める効果が期待できる方法です。それは、指先を動かすことによって、上半身の血流が良くなるためです。そして、代謝が良くなると、筋肉痛肩こり腰痛にも効果が見られます。また、この指回しは、体を柔らかくする効果だけでなく、脳にも良い刺激を与えます。例えば、言語認知計算といった能力が高ま...

足首の柔軟性が必要なスポーツは、数多くあります。例えば、バレエサッカー陸上新体操などがあり、そのスポーツの技術力を向上させるために、足首の柔らかさは欠かせません。そして、日常生活においても、足首が硬い人に比べ、柔らかい人は、怪我をすることも少なくなります。しかし、最近、足首の硬い人が増えています。そ...

体の硬い人と、柔らかい人の違いは、どこであらわれてくるのでしょう。そして、それを改善する方法は、あるのでしょうか。これまでにも、何度か他の項目で触れてきましたが、柔らかい体を手に入れるためには、筋肉の柔軟性を高めることが重要です。そして、そのために必要なことは、とにかく筋肉を動かし、伸ばすことです。...

TBS「はなまるマーケット」、日本テレビ「ぐるナイ」、フジテレビ「めざましテレビ 」、TBS「金スマ」など、数多くのメディアで紹介された兼子ただし氏の体が即効でぐにゃぐにゃになるストレッチ術 

 

ストレッチ